「他人を頼る女を見ると、自分に害はないのに怒りが湧く」??

子どもの頃に十分に甘えたり頼ったりすることが出来なかった人・・・(いろんな要因がありますね、成長が早くて何にせよ良くできる子だった、とか、自分より手のかかるきょうだいのいる "長子" だった、とか、両親の考え、方針、または状況が甘えや依存を許さなかった、とか、とにかく家庭にいた大人がそれぞれ大変そうだったから、そんな空気を読んで過ごしていた、助け合う温かい関係性なんか見たことなかった、とか・・・) そんなふうに育った人は、社会に出た後も、なかなか他人を頼ることが出来ません。



甘えたり頼ったりしないのが、私 ニヤリ


しっかりしていてこそ、私 照れ


a0237268_12014396.jpg




でも、本当に自立して、そして真の信頼関係や愛のある関係を他者と持とうとするなら、他人に甘えること、頼りにすることを、自分に許可して実践することを覚えた方がいいですね。

人は、どうやったって誰にも頼らず生きては行かれないし、人は本来、誰かに頼られたり誰かの役に立てることが喜びであるのだから、それを "させてあげること" は悪いことじゃない。


人気のある人、モテる人、愛される人というのは、それが自然に出来ていますね。

スキがある、欠点を隠さない、お茶目・・・そういうところは人を緩ませ嬉しくさせるんですね。

「依存は悪いこと」と思い込んでいる人、「他人には頼らない」と決めてる人は、きっと心が窮屈でしんどいでしょう。

そしてきっと心の中に、向き合った方が良い "痛むところ" があるはずです。




先日いらっしゃったA子さんも、「デキる女の仮面」 を外したい、とおっしゃいました。


でも

「頼ることは、怖い」

「他人を頼る女、甘ったれてる女を見るとイライラする。自分に害はないはずなのに怒りが湧く」

のだと。




「他人を頼る女を見ると、自分に害はないのに怒りが湧く」・・・???


そういう人は、実は自分のそういう部分を嫌っている、抑圧しているんです(投影の原理というものですね)。


A子さん、そのことに納得しつつ、

「しかし自分は、どれだけ人を頼ることを恐ろしいことだと思っているのでしょうねショボーン

と苦笑されていました。


何でも自分一人で出来なくちゃいけない。

弱みを見せちゃいけない。

男に負けちゃいけない。


・・・わたし、相当な呪縛にかかってる気がします、と。




誰かに寄りかかったまま生きていく・・・というのとは違う「依存」は、たくさんの人に して良いのだと 私は思います。

(※一人の人に集中して依存するのは具合悪いですけどね、それ、「執着」になります。アブナイやつです叫び)


自分でしっかり立って歩いて行こうとしながら、

困ったな、助けてほしいな、と思った時は、そのように伝えて助けてもらう。

助けてもらったら、ちゃんと感謝を伝える。

自分も、その人か、その人でない誰かを喜んで助けよう、と思う。


そういうことが自然にできるっていうのは、実は「上級」かもしれません。




無理だデキない( T_T) という人は、小さなことから1000本ノックの覚悟でいきましょう☆

やってみると良いもんだ、とわかって来ます。

恋愛だって上手になります。

それができるってことは心を開けるようになってるってことですからね!


そういう人間関係を是非 コスモス

a0237268_12024232.jpg





[PR]
by kktreasure | 2017-03-06 08:17 | 心の話 | Comments(0)