16年前、1999年の今日。

いつもより3時間も早く勤務を切り上げて退社をし、
いつもは通らない道をなんとなく選んで車を走らせ、
いつもは行かないホームセンターに寄ろうと思いました。

そんな幾つもの "たまたま" が重なったおかげで
私は瀕死の のんた に出会えたのです。

ほんとに不思議。



車を止めて外へ出た時に聞こえて来た鳴き声、
みーみー、ういーんういーん、ぎゃーぎゃー
を頼りに近づいて行ったところに捨てられていた
口を縛ったレジ袋の中に、のんた は いました。

小さい小さい手のひらサイズ。
へその緒の付いた生まれたて。

a0237268_030247.jpg




ひどい、誰がこんなことを・・・!!!
なんとしても助けなくちゃ・・・!!!

慌てて動物病院へ運んで先生に診てもらい、
看護・養育の方法を教わり、
「さすがにちょと厳しいと思う」と宣告を受けて、
家に連れ帰ったのでした。



それからひと月以上、アンカで温め、
私がポケットに入れて歩いて温め続け、
哺乳瓶でミルクを与え、排せつを教え
24時間体制で見守って・・・

なんとか、ほんとになんとか危機を越えてくれ、
以来16年、のんた は我が家の愛され猫として
暮らしてくれています。



猫の16歳は、人間の80歳くらいとのこと。

高い所に上れなくなってきました。
勢いつけてもズッコケちゃう。
ほとんど一日中、寝ている毎日です。

a0237268_0302748.jpg



でも、私が帰宅してソファーに座ると、
膝に乗ってくるか、足元にひっついているか・・・

( そうなると、もう動けませんね(〃∇〃) )

ほんとに可愛いお爺さん猫です。

まだまだ元気で、
のんびり気持ちいーい毎日を
過ごしてほしいと思います。



今日は のんた と出会った日。
のんた が生まれ、捨てられ、救出された日


a0237268_0305522.jpg

[PR]
by kktreasure | 2015-09-09 15:22 | のんた、ナツ | Comments(0)


愛猫 のんた(15歳)が血尿を出していたので、かかりつけの動物病院へ連れて行きました。

H先生は、私から症状を聞くと のんた のお腹を丁寧に触り、
「今回は結石じゃないね、膀胱炎」と言って、注射をブスブスッと2本、してくれました。

そして飲み薬を処方してくれようとするので、
「先生、私には錠剤を飲ませるのは無理です(:_;)」と言ったら、

「じゃ、明日から3~4日注射しに来て」と言いました。

ここしばらく仕事が朝から夜まであるので
「うっ、どうしましょ先生、どうやっても診療時間内に来られません(・・;)」
と言ったら先生は、

「早朝でも夜遅くても構わないから連れて来て。3日は注射続けてあげたいから。
 もし閉まってたら自宅の方を呼んで」

と言ってくれたのでした。

ありがたい。助かりました。

a0237268_19533669.jpg
(毎日、キャリーケースを見るや逃走、抵抗するも、捕えられ連行され、注射を打たれている のんたさん)



H先生は、見立ても技術も確かですが、ほんとに「ペットとその家族」を大事に思っていて、出来る限り病院の扉を開けておこうという先生です。

盆暮れ正月を含めて、病院を完全に閉めることは、ほぼないようです。

奥様(看護師さんです)も、よい助手さんとして、明るく病院を支えています。

奥様は、今朝行ったら、近所の子が持ち込んだという瀕死の捨て猫(生後1週間ほどとのこと)の世話をしたり、入院中のカメに「おーい、元気になったかね?」と話しかけたりしてました。


もう40年近くも、地域の動物たちとその家族の暮らしを守っている・・・
生活を、人生を「町の獣医さん生活」に捧げている・・・
それを、当たり前のこととして喜んでやっているんですよね。
素晴らしいなと思います。



じつは私は今夏、相談室の移転をします。
これからはレンタルルームではなく、自分のサロン1箇所で運営していきます(追って告知させていただきますね)。

それに向けいろいろと考えていたところなのですが、
昨日H先生ご夫婦の在り方を改めて見て

私は無休にはできないし時間外対応にも限界はあるけれど、ピンチの時にはいつでも「そうだ、郷家さんとこ行こう」と思ってもらえるように準備していこう。

そう思い、基本的な「構え」のところをハッキリさせることができた気がしたのでした
[PR]
by kktreasure | 2015-05-16 19:58 | のんた、ナツ | Comments(0)


猫は、居心地のよい場所を見つけるのが上手ですね。

片付けごとの途中でぼやっとしてたりすると音もなくやってきて、好きな場所を見つけて すかさず納まってしまいます。


ナツは、今朝届いた宅配便の箱に入ったきり出てきません。

a0237268_11442560.jpg




のんた は どこ行った? と探したら、私のベッドの上でした。
外したシーツを洗濯機に入れに行っているスキに、部屋に侵入、既に昼寝を始めてしまっていました。
のんたは毛布を上手に使います、めくったり寄せたりして自分の寝床を作ります。

a0237268_1144530.jpg



自発的に何処かへ移ってくれるまで、箱も毛布も、もう片付けられません。


猫に「そこ、どいて」って・・・、言えないですね (^-^;)

仕方ない。今日はこのまま出かけます。
[PR]
by kktreasure | 2014-10-11 12:15 | のんた、ナツ | Comments(0)


友人に『ノハナ(nohana)』というアプリを教えてもらい、
まぁ、なんてステキ♪と、私も試しにフォトブックを一冊作ってみることにしました。


『ノハナ(nohana)』は mixiの会社が始めたサービスなんですね、
「"毎月1冊、無料でフォトブック"ってどういうこと?」と訝しんで調べてみたのですが。


飼っている2匹の猫のうち、おじいちゃんネコのほう、"のんた" の写真集を注文したのですが、それが昨日届きました。

a0237268_15455084.jpg


1冊まるごと、のんた。

a0237268_15461313.jpg


もう15歳のおじいちゃん猫なので、若い頃のように可笑しい動きもしませんし、高い所に登ったりもしませんから、変り映えのしない20枚になってしまいました。
でも、冊子になった愛猫の写真というのは、嬉しいものです。

可愛いなぁ♪、お、これも可愛い♪と 親バカ言いながら眺めています。

a0237268_15464158.jpg



今はこんなふうにスマホで撮った写真を加工して大事に持っていることが簡単にできるんですね。感動します。

こんな時代に子育てしてる人たちはいいなぁと思います。

私の時…20年前の子育ては、写真を残してやろうと思っても、今のように手軽にはいきませんでした。
いつもいつもカメラを携えてるわけではないし、カメラだって、フィルムを装填して、24枚撮って、写真屋さんに現像頼んで、出来てきた写真から焼き増す写真を選んで……と手間でしたし、フォトブックなんて、特別な人たちのものでしたからね。

今度はナツの写真集を頼んでみます☆

a0237268_15471497.jpg

[PR]
by kktreasure | 2014-05-02 11:45 | のんた、ナツ | Comments(0)

幸せな ガリバー


今朝、「おっ、重いっ…!、そして動けないっ…!」と目覚めました。
右の腋に のんた、股の間に ナツ が、それぞれ、どかっと私に寄りかかり、丸まって寝ていたのでした。

涼しくなりましたからねぇ…

ほんとに猫は、いつだって家の中で最も快適なところを見つけて移動しますね。

私は、暫くの間、”幸せな ガリバー” でいました。



 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


以下、起きてきた2匹です。おはよう(^O^)

のんたさん、今日も優雅。

a0237268_21162547.png




なっちゃんは…、う~ん…( ̄∀ ̄;)

a0237268_21164861.png

[PR]
by kktreasure | 2013-10-07 07:16 | のんた、ナツ | Comments(0)


のんた(13歳♂)が足もとからじーーーっと見上げているのに気づきました。
(何か訴えたいことがあると、この子はこうします。「ニャ」のひと声もありません。)

a0237268_14181795.jpg


昼寝用にとニンゲンのベッドを空けておいてあげたのに、
もしや、また ナツ に場所を奪われた?



……と思って見に行ったら、やっぱり。

この不審な膨らみです。

a0237268_14183786.jpg




めくってみたら、このお方、ナツさん(6歳♂)。

a0237268_14185627.jpg


活発で奔放で力も強いナツは、先住猫ののんたより"上位"らしく、
のんたの居場所をことごとく奪います。
のんたは、また追い出されましたといっては、飼い主に無言の訴えをしに来るのです。




ひとつ、いいものを買ってあげることにしました。


「ガリガリラウンジ」。


ネットで見つけておもしろいなと思っていた商品です。
爪研ぎでできたベッド、です。

a0237268_14192286.jpg


ナツは殆ど爪研ぎをしないので、初めは占拠してみせるかも
しれませんが、きっとじきに明け渡してくれるはず。

箱好きののんたも喜んで使ってくれるでしょう。

ちょっと期待してみます。
[PR]
by kktreasure | 2013-06-30 14:21 | のんた、ナツ | Comments(0)

ネコと暮らす幸せ

ネコあるある

宝島社



『ネコあるある』(ナガタクミコ 編)。
本屋で手にとってパラ見してたらニヤっとなる内容だらけで、つい買ってしまいました。

・新聞紙を床に広げて読んでいると、上に乗ってくる。
・箱があると、大小に関係なくとりあえず入って落ち着く。
・たたむ前の洗濯物をうっかり出しておくと、上に乗られてシワになる。
・ちゃんと爪とぎがあるのに、大事な家具で爪をとぐ。
・玄関で鍵を開けてドアを開くと「おかえり」顔で待っている。
・朝起きると、キッチンカウンターの上に、点々と足あとがついている。


ほんとにどれも「あるある」でした。

いま我が家には、性格が真逆なオス猫が2匹います。
勝手気ままですが、いちいち可愛い。

家を出て寮生活をしているショウコは、定期的に
「にゃんずにたまらなく触りたくなった。帰る」
と言って帰ってきます。
癒し、和ませ、楽しませてくれるのでしょうね。

この本の巻末のコラムに、脳科学者の池谷裕二先生に取材したときの話が紹介されています。
池谷先生は、本当に頭がいいってどういうことかという著者の質問に
「相手の気持ちがわかること」
と答え、そのためにはどんな経験をすれば?と尋ねたら
「簡単ですよ。動物と一緒に暮らせばいいんです」
とおっしゃった…、ということでした。

なるほど、そうですね。
言葉を発せず、その代わり豊かな表情や態度、行動を見せてくれる彼らの様子に、
この子は今どんな状況なのかな? どんな気持ちなんだろう…と、私たちは察します。
そんな毎日が、相手の気持ちを理解する力を育て、磨いていってくれるわけですね。

ネコとの暮らし…、幸せなことです。


下の写真は、

・体を懸命になめているときに不意に名前を呼ばれると、
 ベロをしまい忘れて振り向く。


という「あるある」のとおり、
呼んだらベロをしまい忘れて振り向いた のんたさん。

a0237268_203875.jpg
[PR]
by kktreasure | 2013-04-20 20:52 | のんた、ナツ | Comments(0)

夜になると・・・


夜になると、のんたもナツも、
家族が集まって話をしているダイニング・テーブルに、やってくる。


a0237268_0501134.jpg
椅子に座ってる誰かの膝の上に乗って、身を乗り出してみたり・・・


a0237268_051274.jpg
荷解きをした段ボール箱に すかさず入って、そこから皆の様子を眺めたり・・・


2匹とも、家族の会話に参加してる気になってるみたいだ。
皆の話が行き交う中で、楽しそうにしてる。
[PR]
by kktreasure | 2012-03-21 01:13 | のんた、ナツ | Comments(0)

マヌケな のんたさん


ショウコが食べてたポテトチップスの匂いに誘われてやってきたのんた。

袋に顔を突っ込むも、目当てのポテチは殆ど入っておらず、

ずんずん首を突っ込んだところで、ひょいと頭を上げたら・・・

うわっ!! ピーンチ!!!
a0237268_14463372.jpg

助けるより先に、慌ててカメラを取り出して撮らせてもらいました。
ごめんごめん。

首をぶんぶん振って袋を振り落とし、
ちょっと傷ついたふうに、もそっと立ち去ったのんたさんでした。




のんたがポテチの袋と格闘する様子を見つめるナツ。
a0237268_14471142.jpg

[PR]
by kktreasure | 2012-03-04 14:52 | のんた、ナツ | Comments(0)

気まぐれ のんたさん、従来のお昼寝ベッドに入らなくなり、
ある日わたしがうっかり放置した脱衣カゴに入って寝るようになってしまい、
a0237268_10461065.jpg

「猫の眠りは最大限守らなくてはならない」という暗黙の決まり事のために
脱衣カゴを取り戻せなくなっていたのだけれど…

やっっぱり脱衣カゴは脱衣所に…ということで、
寒いこの季節に気に入ってもらえそうなベッド「アニマルハーフドーム」
という商品を買ってみた。

→Everyday holiday 『アニマルハーフドーム』


慎重、神経質なお爺さんネコののんたが、引っ越しに応じてくれるか
ドキドキしたけど、意外にすんなり入ってくれ、
a0237268_10473966.jpg


15分後に見に行ったら、アタマを抱えてぐっすり寝てた。
a0237268_10481082.jpg


というわけで、無事に引っ越し完了+脱衣カゴ奪回。
めでたしめでたし。
[PR]
by kktreasure | 2012-02-15 10:53 | のんた、ナツ | Comments(0)