エゴは「怖がりな友達」   

2017年 12月 11日

「私はこんなふうになりたい」「これが必要だ」ということについて。


本当はみんな、自分がどうしたいか、何が欲しいのか、ちゃんと知ってます。

それが分からなくなって(分からない、ということにして)、つらい現実を体験しているけれど。


分かっているのに、どうして「出来ない」「無理だ」と思うのか・・・




「出来ない」「無理だ」と言っているのは、エゴ (※)です。


(※)エゴには「自己」という日本語が当てられていますが、今の自分、ニセの私、パターン のことです。日常では、我が儘や傲慢っぷりを指して言いますが、ここではそうではなく・・・




エゴって、動物としての生存機能とも言えます。

人間も動物、肉体を持った生き物ですから、飢え死にしないために外部に食物を求めなくてはならないですし、"脅威" を特定し、それを避けたり排除したりしなければならないわけですが、エゴというのは、その役目を担っています。


だから、エゴを嫌って排除しようとするのは違う。




ただ、エゴはそういう役割のもので、 "怖い" で出来ていますから、しょっちゅうネガティブな囁きをしてきたり、脅かしてきたりします。


「その挑戦、〇〇っていう条件が整ってからにしたら?」

「お金を貯めてから行動に移した方がいいのでは?」

「もうそのくらいでいいんじゃないか?」

「そんな夢を叶えられるのは、すごい才能がある人だけだよ」

「既に幸せだと思わないか?」

「やめとけやめとけ。チャンスはまたいつか来るって」


などなどなど・・・。


エゴも必死なのです。

過去のデータを参照しながら、思いつく限りのアイデアを繰り出してきます。

なんたって "安全第一"。




・・・でも、その声に説得されてしまうと、挑戦、革新、進化、成長・・・そんなものは望むことないかなって気になって、現状を合理化して「やっぱり私には無理」という結論に落ち着いてしまう(あ~安心♡)・・・


エゴの囁きに負けちゃうと 望む変化を起こせないですね。




じゃあ、どうしたらいいんでしょう・・・


エゴというのが、動物性であり、安全第一だから怖がらせてくるものである ということを理解して、

そして、エゴを怖がりな友達だと思って、

真の〈私〉が ポジティブなエネルギー、愛を送り続けて、信頼関係を築くことです。


エゴは生きています flower*



a0237268_11200535.jpg







[PR]

by kktreasure | 2017-12-11 11:50 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238068746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 口の達者なお客様 何から何まで変えようとすることはない >>