自分を育ててくれた人たち   

2017年 12月 29日

昨晩、なんとなくお顔の浮かんだ人のことが気になって(なぜだろう・・) ネット検索をしてみたら、数年前に亡くなっていることが判り、ショックを受けました。

新卒で入社した製薬会社の上司ですが、大きな会社の取締役になった人なので、名前を打ち込んだらネット上にたくさん情報が出て来たのです。


その人からどれだけお世話になったか、どれだけたくさんのことを教わったか・・・ということを、お風呂に入りながら思い返していたら、本当にかけがえのない宝物をいただいたなぁと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。


そして、その人だけでなく、自分がこれまでの人生でお世話になった人、自分を育ててくれた人の顔が、次々と浮かびました。


親、親戚、学校の先生、友達、会社の上司、先輩、同僚、後輩、恋人、夫、子どもたち、今では 縁あって出会うお客様たちも・・・。




「自分を育ててくれる人」は、振り返ればいつだって例外なく、絶妙なタイミングで現れました。


"先生の顔をした立派な先生" もいたし、どうにも好きになれない "疫病神か悪魔みたいに思える先生" もいましたね・・・。


うん。どちらも今思えば「先生」だった。


今思うのは、会う必要のなかった人など一人もいなかったんだ・・・ということです。

ずっと後になるまで、会えてよかったんだなどと思はえない人たちもいましたけれど・・・


自分は、本当にたくさんの人によって育てられてきた、今も育てられている、これからも人生が終わるまで育てられるんだ、と思います。




人との出会いと別れを通して、自分は自分の、どんな資質や それを表現する喜びに出会いたいのか・・・


表面的な出来事そのものでなく、その背後に立ちのぼっているものに どれだけ気づき、捉えて抱きしめ、慈しめるか・・・


そんなことを考えている2017年の暮れです。




今年は昨日で仕事納めとさせていただきました。

今年もお世話になりまして、どうもありがとうございました。

来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。


新しい年が皆さまにとりまして、一層喜びの多い年になりますよう お祈りいたします ひまわり



郷家あかりカウンセリングルーム

郷家 あかり




a0237268_17132346.jpg

[PR]

by kktreasure | 2017-12-29 17:12 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238121743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 【頌春】 2018年は舞浜にて... 英幸少年の「衣料切符」 >>