『キュリオス』東京公演を観てきました   

2018年 03月 01日


一昨年初めて観て、すっかり魅了されたシルク・ドゥ・ソレイユのサーカスサーカス


今回は、良席を求めチケットが売り出されて直ぐに席を予約して行ってきました、娘のショウコと2人で(ショウコは初めて)。


a0237268_00103433.png

今回のタイトル『KURIOS(キュリオス)』は、「好奇心」「骨董品」という意味だそう。

「目に見えない世界」を信じる無邪気な主人公が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションから作り出した機械の世界・・・夢の世界を旅する物語になっていました。



次々に登場して 人間離れした演技を見せてくれるキャストたちに、終始ワクワクドキドキさせられっぱなし。

「手に汗握る・・・」も喩えではなく、本当に、つい握りしめてた拳が じっとり濡れてることに気づいては、フキフキ。


「えっ? えっ? えっ?」とか

「なーーーにぃーーー??」とか

「きえええええっっっ!!」とか

そんな声を上げてばかりだったような気がします爆  笑あせるあせる





舞台後方には時計時計 が掲げられていたのですが、主人公が物語の旅に出るときには「11時11分」を指していました。

「11時11分」は、偶然が重なってラッキーなことが起こる、 make a wish! の時刻ですね。

それが、現実の世界に戻ってきたときは「11時12分」を指していました。

なるほど、たった1分の間で、豊かで壮大な創造の世界を見てきたということなんですね、オシャレハート



ショウコは、幼い頃に親戚のみんなと行ったサーカス以来だったのですが、
そのサーカスは " いわゆる サーカス " で、
ショウコは「🐘が金しちゃったこと」しか覚えていなかったそう…笑い泣き

今回は 自分にとってのサーカスの思い出を完全に塗り替えられて嬉しい!と言っていました。よかった



とっても楽しかったです。
今回はシルクの「集大成」となる舞台、と聞いていましたが、ほんとうに素晴らしかった。
ショウコと、「また次回も是非行こうね!」と帰ってきました サン



[PR]

by kktreasure | 2018-03-01 11:11 | 映画、テレビ、芸術 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238362764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 「心の穴」の話 「旅先では自宅に思いを馳せ、帰... >>