"重い女" が好かれないわけ   

2018年 05月 04日


大切な恋人から「重い」とか「そういうの疲れる」とか言われちゃいけない、嫌われたくないと思って、


無理して笑って「私は大丈夫だから構わないで」って言う…。


そういうの、ありますよね。昭和の歌謡曲、または演歌みたいですが…。




これって、こういう態度をすれば相手の気を引けるかな?と計算して、駆け引きとして やる場合もあると思いますが、

大抵は、純粋に、本気で、いっぱいいっぱいになって やってます。


ほんとに辛くて、必死なんですよね。


でもこういうものは(人によっては、可愛いな、健気だな、気持ちに応えてあげなきゃな…って思うかもしれませんけど)、やっぱり、「そんなこと言われても困るんだよな…」「う~ん、弱っちゃうなぁ…」「めんどくさいなぁ…」って思ってしまものでしょう。優しい人でもね。



a0237268_11511672.jpg



人って、目には見えないけど常に、エネルギーのやりとりをしています。

渡したり、受け取ったり 循环 循环 循环


「私に構わないで」と言いながら大丈夫じゃなさそうにしてる人 というのは、どうしても、相手のエネルギーを吸い取ってしまっているわけです、そんなつもりはなくても。




たとえば、学校のクラスで文化祭の出し物(クラス全員で何かやるもの)について話し合って準備している…という場面だとします。


その、クラス何十人かの中に、まったくヤル気のない「わたしらのことは無視して決めてくれていいよ」みたいな態度の人が数人、教室の端っこにいるとすると……


そのクラスのエネルギー値って、じわじわーっと下がっていきます ダウン ダウン


「ああいう態度のヤツがいると、なんか雰囲気悪くなるよね…」

「放っておこう、無視しようと思うのに、なんか、みんなのヤル気が下がっていっちゃう…」

っていう…sss


「どうぞお構いなく」じゃないんだよ?ってことです。


「わたしは関係ない」というわけにはいかない。関係ある。奪ってる。




話は戻りますが、恋人の気を引きたくて、もっと構ってほしくて、「私は大丈夫」って悲し気な態度をしてしまう…というというのは、

「仕事、仕事って…、私と仕事とどっちが好きなのっっ!?号泣」と激しく責めちゃうのと同じくらい(いや、時にはそれ以上に)、相手からエネルギーを奪っています。


そんなつもりはなくても、相手を疲れさせ、うんざりさせ……

なんとなーーーく遠ざかられてしまう……


"重い女"(=他人のエネルギーを奪い取っていく女)が好かれないのは、そう考えたら当然なのです。


やっぱり人は無意識に、

交流して元気になれる人と一緒にいたい、元気を失わせる人とは いたくない

と思うものだ、ということです。


心当たりのある人は、一度ご相談ください花



[PR]

by kktreasure | 2018-05-04 11:50 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238497942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 『暗闇でも走る』を読んで 好青年がやってきた >>