急がず偽らず、なんであれ やりきる

「あの人には負けたくない」「自分の方が優れてることを証明したい」「周囲の称賛を浴びたい」「すごい人だと思われたい」……

そういう気持ちって、多くの人が持っていると思います。


私も、今でこそ そういう気持ちは無くなりましたが、

若い頃は、そういうことがすごく大事で、とにかくいつも戦っていたように思います。

根底には「こんな私じゃダメなんだ」があったので、いつも怯えていたし、いつも苦しかったです。




でもこれらの思いは、ダメなもの、無駄なものだから、手放した方がいい、ということではありません。

なんか、モノの本にそう書いてあった、とか、精神世界系のセミナーで先生が言ってた、とか、そういうことで頭で理解して、"もう そんなものは望んでいない私" になると決めても、手放せるものではないです。


だってそれらのこと(他者に勝つとか他者より優れているとか他者に称賛・尊敬されているとかいうこと)は、その人にとって、

とても大きな価値のあるもので、その人が依って立っているところであるはずだからです。


無理ですよね、いきなり気合で進化しようとしても。


だから、無理やり自分の意識を変えてやる!と力んだりせずに、

まずは、そういうものが欲しい自分と よく対話をして、その感情や欲求の出どころを、じっくり理解していってほしいと思います。




戦い抜いて結果を出すなり、決着はつかないけど不思議と気が済んだ…というところまで来ると、

つまり、やりきる、という体験ができたら初めて、

そういう世界にはもう魅力を感じない、そういうことには興味がなくなった、と心から思えて、

次の新しい世界の地面に立つことができるのだと思います。


そこはほんとに穏やかで明るくて、自分は自分でいい、という人ばかりがいる場所なので、すごく楽ちんなところなんだけど、

そこへ行くことを急ぐことはないんだよなぁ…と、最近ハッキリ思うのです。

せっかく生きてるんですもん、どんな体験も十分に楽しまないと。




見知らぬ世界、まだ見ぬ私…との対面はずっと後でのお楽しみ、でいいです。

それより、今の自分をしっかり使って今いるところを味わい切りましょう。


「くっそー!」も「やったぜ♪」も「ざんねん…」も、いいじゃないですか。

そういう体験どれもが必要、全てに意味がありますニコニコ



a0237268_22483900.jpeg



[PR]
トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238767558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kktreasure | 2018-09-21 11:47 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

あなたの物語を大切にするカウンセラー郷家あかりの日常


by kktreasure
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31