「努力して成し得た人」はそう言うかもしれないけど…

自分が努力して苦労して成し得たことは、他人も努力して乗り越えられる、と考えがちです。


でも、努力が出来るのは才能だし、乗り越えることが出来るかどうかは、本人の強さや技量に依るところもあるし、"タイミング" もある・・・


だから、先を行く人、力のある人が、そうでない人、弱ってるなと思える人に対して、無闇に「頑張れ」「やれば出来る」「努力が足りない」などと言うのは、相手を精神的に追い詰めて、結果、余計に弱らせたり心の折れた状態にするだけ・・・ということもあって、意味がないどころか有害であることも。


そして、頑張れと言った方は、まさかそんなことになるとは思っていない、気づけないものです。

「自分は正しい」し、「良いこと言ってやった」と思ってるし、無意識でしょうが優越感の中にいる・・・

やれやれ、なんです。まだまだ未熟で途上の人だ、という点で一緒、ということです。


努力して達成した、成功したかもしれないけど "まだまだ未熟な人" の言うことなど、参考までに聞いておけばいいですよ。


"そんなふうには出来ない自分" を嘆いたり責めたりしないで下さい。


何より自分の心の「こうしたい」「こうなっていきたい」を見失わずにいきましょう。


それが大事、そこからしか始まらないはずですclover*



a0237268_18000167.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/238848241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kktreasure | 2018-11-09 11:39 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

あなたの物語を大切にするカウンセラー郷家あかりの日常


by kktreasure
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31