人気ブログランキング |

重い病気の人へ向ける善意

数年前にがんの闘病をして寛解した、という方とお話をしました。

病気を周囲に告げて以来体験されたお話を伺ったのですが、うんと考えさせられました。


その方はお顔が広かったこともあり、本当にたくさんの人からお見舞い、励まし、贈り物(寄せ書き、御守、千羽鶴、"奇跡の水"…)、また 民間療法とか宗教とか祈祷師の派遣などの紹介や勧誘…を受けた、とのこと。

それらが善意からものだと分かるだけに拒絶も出来ず、あまりに困ったときだけお断りをすると、怒りを向けられたり呪いの言葉を残されたり…ということもあったそうで。


病状の詮索は嫌ですね、元気な仲間みんなで訪ねちゃうのも、必ずしも嬉しくないかも。

「あなただからきっと治る。大丈夫」とかも、そう言われても…ですよね。


「自分の家族も(あるいは自分自身も)同じ病気をしたからよく分かる」とか言いますが、それもどうかしら…と思います。

病名が同じでも、タイプも重症度も、施されている治療も違います、予後も違いますよね。違う人に起こっているんですもの。




みんな、自分の気持ちでやりますね。

"よかれと思って" なんですよね。


でも、"善いことをして気持ちよくなりたい自分" が送り付ける何か…

それが相手にとっての癒しや励ましになることは……?




もちろん、すごく力になれて喜ばれることもあるでしょう。

だけど、お見舞いや激励をしたい、自分がよいと思ったものを受け取ってもらいたい、と思ったときは、

差し出す相手(病気で弱っているわけです…)が困らないか、負担にならないか、

分からないながらも相手の状況や気持ちを最大限想像して、そっと、優しく、届けたいと思います。




a0237268_23280620.jpeg


トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/239109508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kktreasure | 2019-02-16 10:18 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

あなたの物語を大切にするカウンセラー郷家あかりの日常


by kktreasure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30