人気ブログランキング |

求められることと愛されることは違う

「自分はいつも、"母性本能をくすぐってくるタイプの男" に恋をするのですが…」という女性に時々お会いします。



つき合い始めて暫くは楽しい。

求められている自分が嬉しい。


でもやがて、自分は満たされていない、と感じ始める。

だからといって、そのことを伝えるような言動をすると、彼は必ず不機嫌になってしまう。


もう、自分の欲求を表現するのはやめよう。

彼が求めてくれることを喜んでいればそれでいいじゃないか……


でも……


この寂しさはどうしたらいいんだろう……


その人との関係が破綻すると、しばらくは独りで居ようと思うのに、

寂しさに耐えられなくなって、また別の男性との恋愛を始めてしまう。


あれ? ああ、また "母性本能をくすぐって来るタイプ" だ……




a0237268_08294818.jpeg



こういう 「幼い人と、幸せじゃない恋愛ばかりを繰り返している」 「自分の恋愛はいつも辛い」という人からのご相談には、こんなことをお話しすることになります。



まず、その相手は、実年齢は40歳かもしれないけれど、中身は5歳児、と考えた方がいいでしょう。

身長180cmで逞しい体つきをしていても、知的にとても優れているとしても、仕事がよく出来て社会的な評価が高いとしても…です。


あなたはその人の代理母の役をやることで、自分は彼と繋がっている、と思っているかもしれないけれど、

彼が求めているのは、母親が子供に与える愛情であるし、彼はあなたから「愛されたい」のであって、「愛したい」のではない。


また、彼はあなたに「好きだ」「愛してる」と言うかもしれないけれど、

それは、成熟した大人の言う「あなたを(女性として、ひとりの人として)愛しています」とは意味が違うでしょう。


「実年齢:40歳、中身:5歳」の人は、あなたという人じゃなきゃダメ、というわけじゃないのです。

母親として自分を無条件に可愛がってくれる人が必要なだけです。


実年齢が5歳の子供は、やがて10歳、20歳…と成長していくけれど、「実年齢:40歳、中身:5歳」の人が大人になるのは、とても難しい。きっと、永遠に5歳児でしょう…




もしあなたが、母親役として求められるので十分だ、というのならそれでいいけれど、女性として、人として、愛されたい、と思うなら、

「求められることと、愛されることは違う」ということについて、一度じっくり考えてみることをお勧めします宝石ブルー






トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/239166392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kktreasure | 2019-03-25 13:13 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

あなたの物語を大切にするカウンセラー郷家あかりの日常


by kktreasure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31