人気ブログランキング |

「わたしが悪いんだ」と考えるクセ

「イヤだ。絶対やらない!」
「そんなこと言うママなんて大嫌いだーー!!」
「おやじさあ、何なんだよそれ。勝手なこと言ってんじゃねえよ!!」

…って、子どもの頃に親に対して怒ったり悪態ついたり反抗したり…そういうことが十分に出来た人はよいのです。

でも、子どもが親に怒ることができない、というケースがあります。

それは、親に怒りなんて向けたら最後、自分はますます愛されなくなってしまう…と思えるような家だった、とにかく親が凄く恐ろしかった、という場合です。

無力な子どもは、イヤでもなんでもそこに居るしかありません、そもそも、逃れて行かれる別の場所があるなんて思いつきませんから、親から嫌われるわけにはいかない。
だから必死で愛されようとします。命かかってますから。



どう考えても理不尽なことで怒られてる気がする…
でも怒るわけにはいかない…
どうしたらいいんだろう…

そういうとき、子どもはどう考えるでしょう…

「自分が悪いんだ」ということにします。

「親が悪いんじゃない、僕が/わたしが 悪いんだ」



でもこの、親から怒られたり、嫌われてしまうと感じた時に、「自分が悪いんだ」と解釈してしまうクセを身につけてしまうと、大人になっても同じパターンを繰り返すことになります、必ずです。

誰かに対して怒りを感じそうになると、反射的に、自動的に、「私が悪いんだ」「自分はダメな人間だ」と考えて、それを相手に伝えてしまったり、そのように卑屈な態度で振る舞ってしまったりするわけです。

そういうパターンに心当たりのある人はいませんか?



もし自分にはそういうところがある、と思うなら、今度誰かに(ほんとは怒りたいのに「私が悪いんです」ってことにして)申し訳なく思ったり、罪悪感を感じたり、そういうことがあってモヤモヤしたら、
ほんとは怒りたいよね、怒りを感じて当然だよね、って、自分の心に声かけてあげてください。

そして、本当は誰に、何に、怒っているのか、自分の心を探ってみてください。

正直に、優しく、自分の心と対話ができるようになると、
現実は、人生は、大きく変わり始めます🍀


a0237268_13560759.jpg



トラックバックURL : https://kktreasure.exblog.jp/tb/239262800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kktreasure | 2019-05-14 11:11 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

あなたの物語を大切にするカウンセラー郷家あかりの日常


by kktreasure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30