2018年 07月 30日 ( 1 )   

「私は大事な一人娘にそんな背中を見せたくありません」   

2018年 07月 30日

a0237268_22023076.jpg



綾瀬はるかさん主演の今期のドラマ『義母と娘のブルース』。

綾瀬さん演じる亜希子は、一流企業の部長というキャリアを捨てて専業主婦となり、結婚相手の連れ子(娘)に母親として認めてもらおうと奮闘しています。


初対面の娘に「私、このような者でございます。さまざまなスキル不足によるご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが…」と名刺を差し出し深々とお辞儀をしていました。


原作を知らない私なので、なるほどこういう感じのドラマなのね、コメディーなのね、まぁ、綾瀬はるか主演だから暫く見てみようかな…と、少々軽く流し見をしていたのですが…




ビジネスの論理をそのまま母親業にスライドさせようとして受け入れられなかった第1話、理想の母親になるべく実母のコピーを目指した第2話に続いて、前回第3話では、PTAの会合に初出席した亜希子が、役員たちと対立してしまっていましたが…。


PTAの活動の無駄の多さ、不合理さを指摘して、役員たちを敵に回してしまった亜希子は副校長らに呼び出され窘められ、そこへ駆けつけた娘に「私のママなら、私が嫌われるようなことをしないで!」と責めらるのですが、亜希子は教師に向かってこんなことを言いました。



子供がこんな発想になって良いのでしょうか。

子供は親が嫌われるようなことをしたら、自分も嫌われると思っている。

親は子供が嫌われることを恐れて、言葉を飲み込み、陰口で憂さを晴らす。

その背中を見て育った子供は思うでしょう、

『長いものには巻かれればいい』 『強いやつには逆らうな』 『本当のことは陰で言うのが正しいんだ』って。

だって大好きなお父さんとお母さんがそうやっていたんだから…!

私事で恐縮ですが、私は大事な一人娘にそんな背中を見せたくありません。



すてき! グッときたおねがい




ほんとに堅くて無表情、不器用だけどとにかく真剣、一生懸命に母親になろうとしている亜希子です。

それが伝わり、初めは拒絶していた娘の心もだんだんと和ぎ、心を動かされ始めている様子。


番組サイトを見たら、

「一生懸命な女性が、母親になるためにただ一生懸命に娘を愛する10年間のお話」

とありました。そうなのか…


明日第4話、楽しみにしています




私のお客様に、亜希子の雰囲気や言葉遣いに、よく似た女性がいます。

いつも入口で敬礼され「本日もお世話になります」と丁寧にご挨拶。

セッション冒頭には ご相談内容一覧の提示をし、セッション中は真剣な対話に集中され、メモを取り、ときに図表を用いて状況を説明され、課題は持ち帰って実践し…

本当に一生懸命に取り組んでくださる、長いお付き合いのお客様。愛らしくて大好きな方。

このドラマ、その方と亜紀子を重ねながらも、観ています。

私は、純粋で一生懸命な人に、ものすごく惹かれるんですね(きっと自分と真逆だからです…チーン




しかし綾瀬さん、普通の若手女優さんたちとはちょっとオーラの輝きが違うというか格が違うというか…


たくさんの女優さんに会う仕事をしている知人が、

「ガッキーと綾瀬さんのお肌は特に綺麗。陶器のよう!」と絶賛していましたっけ。


ほんとに美しいですねピンク薔薇





[PR]

by kktreasure | 2018-07-30 11:15 | 映画、テレビ、芸術 | Trackback | Comments(0)