<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

「旅先では自宅に思いを馳せ、帰宅したら旅先を想う」   

2018年 02月 23日


「旅先では自宅に思いを馳せ、帰宅したら旅先を想う」


という言葉があります。


せっかく旅に出たのに、旅先で「ちゃんと施錠したっけ」「植木の水やりは十分だったかな」などということが気になり、

旅が終わって家に着いたら、今度は「奮発してあの名物料理を食べればよかった」「オプショナルツアーにも参加すればよかったな」と後悔する・・・


そういう、常に 今ここ でないところのことを想って、現実を楽しめない残念な人のことを言っています。




お風呂で浴槽に浸かったら のんびりすればいいのに、今日の会議ではあれを言いそびれて悔しかった、とか、風呂を出たら洗濯物を畳まなきゃ、服のボタン付けもやらなくちゃ、とか・・・


劇場で映画を観てるときに、家のテレビをもっと大型のに買い替えようかな、とか、終わったら帰りがけにアレ買って帰るの忘れないようにしなくちゃ、とか・・・


そんなふうに、その時その場所で体験していることに集中できずに、どこかへ思考を飛ばしてばかりいる人鳥 って いるでしょう?




今日は久々にハンバーガーショップに来ているのですが、
さっき、近くのテーブルの若い女性がトレイに載っているものを食べながら

「このバンズも、ポテトも、あんまり美味しくない。ロサンゼルスの〇〇って店のは美味しかった」「あ~あ、ロスに居た頃は良かったなぁ・・・」

と終始ブツブツ言っていました。

その後も、いま自分がいかに不遇であるか、昔の方がマシだったかについて、熱心にお連れさんに嘆いていまして・・・あせるあせる


この方は常に「残念」を体験しているんだろうなぁ・・・と・・・キョロキョロ




肉体と中身(心)がズレておらず一致している、というのは、意外と難しい(思考というのは、ついつい、あちこちへ飛んでいってしまう・・・)、


でもやっぱり できるだけ、今自分がいるこの場所を全力で体験する、ということは心掛けて練習し、上手になりたいと思います。


日本のハンバーガー、フライドポテトがロスのそれよりどれくらい劣るのか私は知りませんが、せっかく食べるんだったら「あぁ美味しい♪」と思って食べた方がきっといいニコニコ




連日、オリンピックで選手たちの競技をテレビで見て感動していますが、

彼らは、これまでのこともこれからのことも、全て "今ここにいる自分" に集中させることができるから、あの高純度の爆発的な表現だから、あんなに凄くて美しいんでしょう。


改めて思う、常に今ここに居る、ということの力と その尊さです キラキラ




a0237268_21093025.jpg


[PR]

by kktreasure | 2018-02-23 11:50 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

その人を大切にすることと自分を大切にすることが両立しないなら・・・   

2018年 02月 20日

たとえその人が

"基本的にはすごく善い人" であろうと、

かつてお世話になった恩人であろうと、

久しぶりにできた恋人であろうと、

長くつきあってきた友人であろうと、

あるいは、自分には殆んど話し相手がいないからその人との関係がなくなったら寂しいな、と思われたとしても・・・


その人と居ることで、なんとなく自分の気持ちが萎んでしまったり疲れたり、弱々しくも顔を出したものが再び地中に潜ってしまうような感じがしたり、自分の心がちっとも喜んでいないことに実は気づいているなら・・・




その人とは離れましょう。


離れてもいいんだよ、と自分に言ってあげましょう。




きっぱり離れて、自分の人生をちゃんと生きたら、わかります。


なぜあの人は あの時、ああしなければならなかったのか・・・

なぜ自分は あの時、一緒には いられなくなったのか・・・


それがわかる日が来ることを、楽しみにしていればいいと思います。




そんなふうに生きていったその先で、その人と再び会えるのか、もう二度と会えないのか、それはどちらか分からないけれど、いずれにしても、いま心を痛めていることは、軽々超えてしまっているはずだから、きっと "どうでもいいこと" になっています。


そしてそういうふうに、何より自分を大切に生きることを貫いていったら、自分は自分に安心しているはずだし、自分のことが好きになっていると思います。だから幸せです。




自分の感覚を大事にして、自分を守る、自分を喜ばす。

これに尽きます。


それを決めている人には、同じようにそう決めて生きている人との良い縁が、必ずやってくるものです。




その人を大事にすることと自分を大事にすることが矛盾する・・・という関係の人が、自分にとって必要なのかどうか・・・


是非、自分に訊いてみてください。

自分は、その答えを、ちゃんと知ってると思います 花




a0237268_20381442.jpeg


[PR]

by kktreasure | 2018-02-20 11:27 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

上るにつれ現れた エルサの階段   

2018年 02月 17日

昨秋から、十数回のセッションを重ねて来たお客様が、そろそろ、このカウンセリングとセラピーについて、全体図というか 今後のプランを示してほしい、ということをおっしゃいました。



その方は、忍耐強く熱心に通い続けてくださったので、初めてお会いした時とは随分と違うエネルギー状態になっていました。


もうカウンセリングは "是非とも必要" という状態ではない。

(大抵の人はこのあたりで「それではさようなら」となります。)


まず、そのこと(十分といえば十分なのだ、ということ)をお伝えしました。




でも、変わりたい!変わるんだ!という意気込みを持って通ってくださっていたので、


"未知の自分との対面の可能性" を感じている以上は、何かできることがあるならやりたいし、登山でいったら自分はいま何合目くらいにいるのか、今回の取り組みを冒険とするなら、どこへ辿り着いたらゴールといえるのか・・・


そういうことを知りたい、ということなのでした。



a0237268_23465981.jpg



そこで私は、この「冒険」は、いつの間にか初心者のお試しコースを抜けていて、これからは、より複雑で面白いものにできる、と見ている、ということをお話しし・・・


それに添えて、こんな説明をさせてもらいました。

『アナと雪の女王』は観た、エルサが『 Let It Go (ありのままで)』を歌うシーンなら覚えている、ということだったので・・・。



「エルサが雪山を独り行き、『どこまでやれるか 自分を試したいの』と歌いながら 自分の魔法で作った氷の階段は、エルサがいる地点の少し先はなかったですよね。でも、上るごとに、現れた上るから、現れた。」



a0237268_23494561.jpeg

(歌のシーンの画像、お借りしました)


「・・・そういうことだと思ってください。ここから先は、端っこまで詳細な道が描かれているような地図を見ながら進む、という冒険じゃない、ということです」



そしたらその方は、そういうふうに考えてみたことはなかった、と言い、深く納得されたようでした。




ときどきあるのです、「ああこの方は、”上らなければ現れない(まだ無い)階段" を、深いところからの強い意思で、上り始めたんだなぁ」ということがハッキリわかって、傍で応援している私まで歓びで温かくなってくるような時が・・・ひまわり





[PR]

by kktreasure | 2018-02-17 12:15 | カウンセリング | Trackback | Comments(0)

「心踊る方」へ   

2018年 02月 14日


Kさん。お子さん3人の40代女性。

3か月ぶりに来室してくださいました。


苦難をたくさん経験され、頑張ってこられた方。

ご自分の手当てが不十分、という印象の方なのですが、ご本人は "生きるってこういうもの" と受け入れているし、無意識に踏ん張った時間が長い・・・長すぎるので、たとえば肩凝りも、たとえば蓄積されている疲労も、それが "無い状態" を、思い出せないようです。


私が見ると、背中には何十キロもの砂袋を背負い、腰下は重い泥水に浸かっているようなのに・・・、Kさんにはそれが、普通。常態。なのだと思いました。


でもこれからは、「まずは自分」と心得て、自分がゴキゲンで心地よくいること、自分が幸せだなぁと笑っていることを積極的に選択していきましょう、と、強くお勧めしましたひまわり




そのKさんが セッションの翌日くださったメールの中に、「WANIMAの『ともに』を聴いていた」とありました。


WANIMA。 私は昨年、彼らの幾つかのタイアップ曲を聞いて、すごくいい声☆ すごい青年たちが出て来たんだな☆ と知ったバンドですが、

彼らの楽曲、ボーカルのKENTAさんの真っ直ぐに届く声、その明るいエネルギーは、たくさんの人を元気にしていることと思います。

故郷・熊本の方たちも、今や全国の若い人も、そして中年の私たちだってウインク




さっき入ったスーパーで、『ともに』がかかってました。


「あ、Kさんがメールに書いてた『ともに』だ」・・・と思いながら商品選びをしていたんですが、

その歌詞・・・「進め きみらしく 心躍る方」という歌詞に、この曲に癒され励まされているKさんのことを想って、瞼の裏がガクンとなってしまったしずく!




Kさん、ご自分を大事に、なりたいご自分になっていってほしいです。


Kさんの「心躍る方」にはきっと、" まだ思い描くことはできないかもしれないけれど、ああこれだったんだ☆と わかる とびきりのもの " が、待ってると思います。


信じて行きましょう太陽



a0237268_21453005.jpg

[PR]

by kktreasure | 2018-02-14 11:45 | カウンセリング | Trackback | Comments(0)

おはじき、または ジブリの人形たち   

2018年 02月 11日


相談室で伺うご相談事の多くは、対人関係に関わるものです。
親子、夫婦、恋人、友人、家族・親戚、職場の人たち、ご近所さん・・・


問題になっている人との関係や、現在の人的環境を、相互の距離感を掴んでもらうことを目的に、私はときどき、こんなものを使います。



a0237268_21592141.jpeg


おはじき。または ジブリの指人形たち です。


おはじきは、会社での派閥のお話などの説明に使われます。こことここが敵対していて、この人が陰の実力者で、この人は腰ぎんちゃく・・・とか。


ジブリのキャラクターたちは主に家族関係のお話に。。。

ジブリは有名で殆どの方が知っていますので、「あ、魔女宅のキキだ♪」「あら、サツキちゃんとメイちゃんだー」と気づいてしまい、こんなことじゃあ どうかしら とは思うのですが、心理療法用の人形はすごく高額なので、やむを得ず・・・です。


それでも、初めは戸惑ったり笑ったりするお客様も次第に慣れてくださって(サツキちゃんを自分、メイちゃんを妹、と無理やり見立ててくださる・・・笑)、人形を動かしながら、そうかそうかと、ご自身で深く納得されていきます。



a0237268_22042385.jpg

「彼と二人で会ってる時も、私、母の声を聴いてる気がします」

「母の事、父にちゃんと見ていてほしいのに、父ときたら・・・」





昨日は、過干渉なお母さんが恋人とのあれこれに介入してくるお話、

先日はお友達関係のお悩みのお話でしたが、

いずれも最後は、自分を中心に置いて同心円状に輪を描いた時に、どれくらいの位置に誰がいて、どちらを向いて立っているのか・・・ということを改めて認識することで、大事なフェイズに入っていくセッションになりました。


"物体" を使うのってすごいな、と、いつも思います ひまわり




[PR]

by kktreasure | 2018-02-11 22:15 | カウンセリング | Trackback | Comments(0)

メールから立ち昇るエネルギーを読む   

2018年 02月 08日

何日か前のこと。お客様が、知人の方から受け取ったメールについてのお話をされているとき、「込み入った内容なので、説明してるより読んでもらっちゃった方が早いからお願いします」と、スマホを取り出して私に手渡してこられました。


受け取って読み始めると、たちまち、わりと鮮明に、疑う余地のない確かさで、その発信者である知人の方が "文字にはできなかったけど届けたいと思ったはずの思い" や、"隠しているつもりの気持ち" や、さらにはその方の状況・・・といったものが伝わって来ました。



a0237268_16514279.jpg



お客様にお伝えしてみると、

「話してないのに なぜ分かりましたか? まさにその通りです!」

「やっぱり裏メッセージはそのように判断していいですよね?」

とおっしゃる・・・。


・・・そんなことがありました。



 ★ ★ ★ ★ ★



そのセッションの後、久しぶりに思い出したことがありました。


透視とヒーリングを学んだ学校で、先生(スクール主宰の透視能力者、レバナ・シェル・ブドラ先生)に言われたことです。




その学校には "透視" を学ぶために入門したというのに、私ときたら、「第6チャクラ(第三の眼)の前にスクリーンを立てて "視る" 」と教わっても、なかなかそのコツを掴むことができず、 自分は能力を伸ばせそうにないなぁ、向いてなかったかな、まいったなぁ・・・クシュクシュ と思っていました。


ある時、先生との面談の際に、勇気を出してそのことを相談してみたのですが 先生は、


「必ずしも、画像、映像で視る力を発達させる必要はない。ここはクレアヴォヤンス(透視)の学校だからそれを教えるけど、あなたはクレアセンティエンス、クレアコグニサンスの人。ここを卒業したら、独自のやり方でエネルギーを感じ取って伝えていけば、それでいい」


「さらに、あなたは手紙や作文を読むと、その文字、文章から、書き手のエネルギーや状況が分かってしまう、というところがあるので、それを覚えておいて大事に使うといいでしょう」


と答えてくださいました。(・・・のに忘れてました汗




「分かってしまう」というのは、良いこともありますがそうでないこともありますし(そういうときは、とってもイヤな気持ちになり疲れます、「騙されておいた方がいいかなぁ・・」とか・・)、

それに、これを能力というなら、この力は字が読め本を読めるようになった小さい頃から当たり前に備わっていたものなので、意識して集中して使うことはしていなかった気がします。


でも今回は、ちょっとお役に立てました ニコニコ


こういうことがあると、

もっと自由にのびのびと、この力を使っていく許可を、自分に与えてみようかな・・・

きっと何時だって発揮しているんだろうから、愛を持って使っていけばいいのだよな・・・

と思うのでした花






[PR]

by kktreasure | 2018-02-08 11:51 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

お客様に教わった「就寝前の習慣」。ドラマ『アンナチュラル』のこと   

2018年 02月 05日

生まれた時から、いや生まれる前から、ご苦労の多い人生を生きて来たお客様から、こんなお話を聞きました。



あるとき私は、「どうして自分にはこんな不幸なことばかり起きるんだろう」なんてことは、ベッドに入ってから考えるのはやめよう、と決めました。

こうして無事に一日を終えて眠りにつけるのは、その不幸なことを帳消しにしてくれるような小さい幸せな出来事が一日の中に散りばめられていたおかげなんだと思ったら、ちゃんと感謝したいなと思ったからです。

ああそうだ、その「小さい幸せな出来事」をゆっくり思いだして噛みしめながら眠ろう。

ほんの数分だけでも・・・、一日一個でも・・・



素敵だなぁ、私も見習って就寝前の習慣にしよう・・・、そう思ったお話でした。


以来それを心掛けています。もうルーティーンになりました。


これ、とってもいいです。

一人反省会(ああすればよかった、どうしてあんなこと言っちゃったんだろう、明日は〇〇しなくちゃ・・・)とか、走馬灯回しグルグル とか、そういうことを真面目にやってから眠るより、ずっといいと思います。




a0237268_21480429.jpg




昨晩私がベッドに入って思い浮かべたのは、直前に録画で見たドラマ、『アンナチュラル』のことでした。


今日のお話よかったなぁ、おもしろいドラマのある暮らしっていいなぁ・・・と。




『アンナチュラル』は、『逃げ恥』『重版出来』などでお馴染みの野木亜紀子さんのオリジナル作品、法医学ミステリーです。


アンナチュラル・デス(不自然死)の謎を解明する一話完結モノですが、練られた密度の高いお話、テンポの良い展開・・・、毎回、良い映画を一本観たときみたいな満足感があります。


第1話は感染もの、2話は集団自殺サイトのお話、3話は法廷ものでしたが、

昨晩見た第4話は、副題は「誰がために働く」。長時間労働、過労が招いた交通事故で亡くなったお父さんの死因を解くお話でした。


「不条理な死」を許さない主人公たちのプロとしての仕事ぶり、心意気に打たれました。




良いドラマだったなぁ・・・と目を瞑り、米津玄師さんの唄う主題歌(←よいです!)を頭の中で再生しながら、ひとしきり、いいシーンを思い出して深呼吸をしたら、すーーっと眠りに落ちた昨夜でしたフクロウ




a0237268_21483723.jpg


[PR]

by kktreasure | 2018-02-05 11:35 | 映画、テレビ、芸術 | Trackback | Comments(0)

少し、黙らないか?   

2018年 02月 02日

電車で座っていたら、空いた隣の席に、サラリーマン風の若い男性が座りました。どすん! 

( 固いカバンが当たって痛いです・・・呆然


その男性、座るなりスマホを取りだすと、Twitterに、ネットニュースに、匿名掲示板(?)に・・・、目にもとまらぬ速さで次から次へとコメントを投稿していくんですね。興味深くて目が離せず、チラ見を続けてしまいました・・・あせる


私は、ネットニュースなどはもちろん Twitterもインスタも閲覧のみで発信していないので、へぇ、そんなふうに気軽に、コメントする人はするんだな・・・と唖然。


ときどきネットニュースのコメントなんかで酷い言いようを見かけますけど、ああいうものが続けざまに投稿される現場を初めて間近に見て、なんだかショックも受けました。


あんなに即座に、乱暴な言葉を繰り出しちゃうんだね・・・アセアセ と。


あれはストレス解消の日課なんだろうか・・・

脊髄反射的なもののようだったな・・・




 ★ ★ ★ ★ ★




私は仕事上、さまざまな人の、繊細な、内緒のお話 を伺います。



数か月前になりますが、


病気で倒れた妻が、高次脳機能障害から快復しなかった。5年余り介護してきたものの別の女性に気持ちの拠り所を作ってしまい、結局、妻の両親の判断に甘えて離婚をした。もう何年も経つが自分の弱さが許せずに自分を責め続けている。新しいパートナーと幸せになる許可も自分に出せない。その彼女にも申し訳ない・・・


・・・というお話をお聞きしたことがありました。


私は、最大限自分の知識や想像力を駆使して聞かせてもらいましたが、安易な共感や言葉掛けは難しいと思いました(それはよくあることですが・・・)。


たとえば「高次脳機能障害」。

これに限らずですがその名前で一括りに語れない症状があるもので、そうなってしまった人を支えていくということには想像を超える苦労があるはずで、そういうものを私はよくわかっていないんだと感じたからです。




それから数か月して、小室哲哉さんの報道があったわけですが、小室さんの会見に関する報道あれこれや、それに対するコメントは、それらを目にする度に、そのお客様の姿が思い出されたこともあり、胸が痛みました。


甘えるな、許せない!も、妻の病気のせいにするな、卑怯だ、も、KEIKOさんの気持ちを考えろよ、も、バチが当たっただけ、も、カッコ悪い、見たくなかった、も、人んちのことほっとけよ、も、自分は介護したことがあるからわかる、も・・・、どれもこれも、に対してです。




知らない、わかるはずがないのに、私たちは意識の表層に浮かんだ気持ちや見解を、軽々しい乱暴な態度や言葉で表現してしまう。


ほんとは、それを向ける相手が目の前にいなけりゃいいというものではないはずなのに・・・


"自分にはわからないけれど大変そうな他の人のお話" に対しては、優しく丁寧に接するか、それが無理でもせめて、荒い反応は慎めばいいのに・・・




とりあえず、少し黙らないか?


と思うことが多い、今日この頃 crystal*




a0237268_12413616.jpg



[PR]

by kktreasure | 2018-02-02 11:30 | 未分類 | Trackback | Comments(0)