<   2018年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

夢を書き留める   

2018年 09月 25日

「夢は潜在意識からの手紙」 と言います。


私は、お客様に夢日記をつけてもらって、夢を題材に、セッションを行う…ということを時々します。

すごく楽しく有意義なセッションになります。


「私はほとんど夢を見ません。覚えてません」という人でも、

何か印象的な夢を見てそれを書き留めたことをきっかけに夢日記をつけるようになり、

だんだんと夢を覚えておくのが上手くなり、

そこから大事なメッセージに気付けるようになる…ということがあります。




夢は、単発…ひとつだけで強烈な啓示みたいになっていることもありますが、それは稀です。

単純にストレス解消のために見た夢だったりすることは多いですね。「あの時あの場で言えなかった悔しさの晴れる夢を見た」とか。


また、夢を読み解くにはコツがあります。

夢に出てきた人やアイテムや場所や時間や自分の感覚や気持ち…そういうものが教えてくれていることを解るには、練習が要るでしょう。

これを続けていくと、直ぐには意味が解らなくても、あとになって、その時の大事なお題やヒントに気付けたり、ハイヤーセルフやガイドからの、有り難い助言・提案が理解できたり…

良いことがたくさんあります。




私たちが日常、目を開けて活動しているとき、というのは、実はちゃんと覚醒していなかったりします。

意識の表面の浅いところを漂っている思いや考えを、ただ拾って口にしているだけだったり。


それって "上っ面を滑ってるだけ" で、なかなか進歩や実りに繋がっていかないですね。


だから、その喧しいおしゃべりをやめて眠っている間に見る夢、受け取るお手紙は、使わない手はないな、と思うのです。




ちなみに私は、途切れ途切れですが、夢日記を10年ほどつけています。

読み返してみると、そうかこの頃はこんなことが重大な問題だったんだな、それについて、夢は根気よくお手紙送ってくれてたんだな、とハッキリわかります。


少し前、有名人の男性が、数週間の間に3人、夢に出て来たんですよね。

①番目は本田圭佑選手。②番目はTOKIOの長瀬くん。③番目は堺雅人さん。


娘に話したら「あつかましいね。人に話しなさんな!笑」と言われましたが(苦笑)

私自身はこの三人、特にファンというわけでもないんですよね。

だから書き留めながら、どうしてこの人が出て来たんだろう…と、分かりませんでした。


でも、後になって、そうか自分の男性性・女性性の問題、緊張と弛緩のことなんかを、今ふたたび取り扱っておく必要があって、そのために相応しい "キャスティング" だったのだな、と、よく分かりました。

私にとって、この三人それぞれが象徴しているものは…?と考えたら分ったんですね。


いっこ頭にあった考え事も解決して、あぁ夢はすごいな、おもしろいな、と思いました。




そんなわけで、夢をメモしておくこと、お勧めしますメモ

これは、潜在意識と繋がり易くなるための、とってもよいトレーニングになりますキラキラ




a0237268_23203213.jpeg


[PR]

by kktreasure | 2018-09-25 12:17 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

急がず偽らず、なんであれ やりきる   

2018年 09月 21日

「あの人には負けたくない」「自分の方が優れてることを証明したい」「周囲の称賛を浴びたい」「すごい人だと思われたい」……

そういう気持ちって、多くの人が持っていると思います。


私も、今でこそ そういう気持ちは無くなりましたが、

若い頃は、そういうことがすごく大事で、とにかくいつも戦っていたように思います。

根底には「こんな私じゃダメなんだ」があったので、いつも怯えていたし、いつも苦しかったです。




でもこれらの思いは、ダメなもの、無駄なものだから、手放した方がいい、ということではありません。

なんか、モノの本にそう書いてあった、とか、精神世界系のセミナーで先生が言ってた、とか、そういうことで頭で理解して、"もう そんなものは望んでいない私" になると決めても、手放せるものではないです。


だってそれらのこと(他者に勝つとか他者より優れているとか他者に称賛・尊敬されているとかいうこと)は、その人にとって、

とても大きな価値のあるもので、その人が依って立っているところであるはずだからです。


無理ですよね、いきなり気合で進化しようとしても。


だから、無理やり自分の意識を変えてやる!と力んだりせずに、

まずは、そういうものが欲しい自分と よく対話をして、その感情や欲求の出どころを、じっくり理解していってほしいと思います。




戦い抜いて結果を出すなり、決着はつかないけど不思議と気が済んだ…というところまで来ると、

つまり、やりきる、という体験ができたら初めて、

そういう世界にはもう魅力を感じない、そういうことには興味がなくなった、と心から思えて、

次の新しい世界の地面に立つことができるのだと思います。


そこはほんとに穏やかで明るくて、自分は自分でいい、という人ばかりがいる場所なので、すごく楽ちんなところなんだけど、

そこへ行くことを急ぐことはないんだよなぁ…と、最近ハッキリ思うのです。

せっかく生きてるんですもん、どんな体験も十分に楽しまないと。




見知らぬ世界、まだ見ぬ私…との対面はずっと後でのお楽しみ、でいいです。

それより、今の自分をしっかり使って今いるところを味わい切りましょう。


「くっそー!」も「やったぜ♪」も「ざんねん…」も、いいじゃないですか。

そういう体験どれもが必要、全てに意味がありますニコニコ



a0237268_22483900.jpeg



[PR]

by kktreasure | 2018-09-21 11:47 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

「どんなに不幸なものに出会っても… 」 憧れの人、樹木希林さん   

2018年 09月 18日

私には何人か、テレビで見かけると目が釘付けになってしまう人…というのがいます。

以前書いたYOSHIKIさんもそうですが、

この度亡くなった樹木希林さんも、そのうちの一人でした。




映画も、樹木さんが出ている作品、と知れば観に行きました。

テレビ番組でお話されている姿を見ていると、

飄々としていたりユーモラスだったり、笑ってしまうような場面でも、

ふと大事なことに気付かされて、

背筋が伸びるような、手を合わせたいような、そんな気持になったりしました。


激しくて、真っ直ぐで、達観していて、優しくて…

なんて霊性の高い人だろう・・・と思って、見入ってしまうのでした。


数少ない、"憧れの、まぶしい女性" でした。




映画監督の是枝裕和さんが追悼メッセージの中で、

樹木さんから癌が骨転移していると打ち明けられた時のことを


「ご自身の中に残ったエネルギーと冷静に向き合い、コントロール」


していたことに敬意を表し、


「身体が弱ってからもどこかその、初めての体験を面白がっているようなところがあり、

凄みと軽やかさの同居した姿は、神々しくさえありました」


と語られていましたが、とてもよくわかるなぁと思いました。




樹木さんは亡くなるふた月前に、

ファンへのメッセージとして、こんなことをおっしゃっています。


そんなに人生捨てたもんじゃないなというふうに、

今頃になって思ってます。

ものには表と裏があって、

どんなに不幸なものに出会っても、

どこかに明かりが見えるものだというふうに思っています。

どうぞ物事を面白く受け取って、愉快に生きて。

頑張らないで、でも、へこたれないで。




私は、

樹木さんみたいに

真実をちゃんと見て、愛すべきものを愛して、

できるだけ嘘のない自分で、自分らしく全力で暮らして、

いつも「今がいちばん幸せだなぁ」と思って、

「上出来な人生だった。ありがとうございました!」と感謝して、

そして潔く死んでいきたい…

そういう思いを持っています。




一昨日訃報を聞いた後、

樹木希林さんのお名前をビデオデッキに登録しました。


自動録画される樹木さんの姿を観ては、

樹木さんの有り難い言葉や佇まいに触れ、

最近考えていたいろいろなことを、改めて考えています花




a0237268_23131513.jpg


[PR]

by kktreasure | 2018-09-18 12:32 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

関係をスパッと切るだけで…   

2018年 09月 16日

つまらない嘘ばっかりつく人、他人を侮辱したり利用したりを平気でする人、不平不満が多い人、約束を守らない人、不誠実な人、無神経な人、一緒に居るとなんとなくテンション下がる人、とにかく気が合わない人…

そんな人っているでしょう。嫌ですね。

お仕事やご近所づきあいなんかで仕方がない…という場合は機械的にそつなく対応するとして、
プライベートで親しくしてしまっているなら、そういう人と関わったって何もいいことはなくて損するだけですから、
えいっ!と気合を入れて、関係をスパッと切ってしまうといいです。

それだけで生活・人生はだいぶ楽になります。質が明らかに上がります。



…というお話をさせてもらった方がありました。

その時は「そうは言ってもなかなか…」と躊躇っていましたが、
先日いらっしゃったその方は、すっかりオーラが澄んでいて明るくて…

聞けば
「無理だ、我慢しよう、と思ってたのも限界に来て、やってしまいました。思い切ってバシッと切ってしまいました。まさかこの私が…?というくらい鮮やかに!笑笑」
とのこと。

その後、ウソみたいに新しいタイプの良い出来事が立て続けに起こっているのですって。

「でしょうね!」という感じです。



ほんとにね、変わるんです。

私にもタイミング来てる?と思った方は、勇気出してやってみてください。スパッ!とです☀️


a0237268_22014277.jpg


[PR]

by kktreasure | 2018-09-16 13:18 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

「本物の教師」にモロモロ喚起される   

2018年 09月 13日

1年前に出張指導をお願いしたパソコン教室の先生に、再度 サロンに出張していただきました。


パソコン2台、iPad、iPhone…私の道具の診断や細々とした質問、セキュリティーのことやホームページ(私のは自作なのです)についての相談…

時間の限り、お世話になりました。



a0237268_10172892.jpeg


この先生、ほんとに何を尋ねてもよくわかってらっしゃる方で、

しかもとても上品で優しく教えるのが上手、とても信頼できる方です。


(パソコン教師だからって、みんなが "何でもよく知ってる" わけではなく、やはりレベルは様々。 ※これ経験済)


私のような "中高年の素人" にも丁寧にわかり易く説明をしてくださるので、ほんとに有難い。




この年になるとなかなか、誰かに ものを教えてもらう…という機会もないわけですが、

このパソコン先生に指導してもらっていると、知る喜び、学ぶ喜び、解決・達成する喜び… 様々な「うれしい晴れっ!」「楽しい晴れっ!」が甦ってきます。


「『本物の教師』だからこそ使えるマジックってものがあるんだろうな」 と思いました。




鮮やかにいろんなことが解決されていく体験をして、

諦めずめんどくさがらず、もう少し頑張ってやっていこうかなぁ、と気を取り直すことも出来ました。


PCのこと、ネットの世界のこと、「もうついていけないショボーン」と 挫けかけてたんですよね、最近。

たとえば 「SSLサーバー証明書」云々って何なのよぉ、もうやだえーん とか・・・笑




プロの仕事ってこういうものだわ、と感心し、モロモロ喚起され、

にっこり微笑んで爽やかに帰って行く先生を、有り難い気持ちで見送りましたクローバー




a0237268_10181036.jpeg



[PR]

by kktreasure | 2018-09-13 11:15 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

愛猫、19歳になる   

2018年 09月 10日

1999年9月9日、臍の緒の付いたまま捨てられていた愛猫のんた、

昨日19歳になりましたお花



a0237268_21100857.jpeg




この夏 のんた は、体調いまいちで食欲もなく、体重は目に見えて減ってしまいました。


でも、19歳というのは "人間の年齢でいうと90歳超" とのことですから、

90歳超じゃあ仕方がないな…とか、

そろそろお別れの時が近いかもしれないな…とか、

そんなふうに思って見守っていました。

病気になっても もう病院で治療はしない、とも思っていました。




ところが先月末、

いくらなんでも、この鼻づまりや呼吸音は可哀相…

という状態が続いたので動物病院へ連れて行き、

抗生剤、栄養剤の注射を数日間続け、

1缶400円などという高価な療養食缶詰を買って帰って与えたところ…


食欲が増し、体重も増え、みるみる元気になり…

無事にまた誕生日を迎えることができたのでしたリボン☆




「あのまま病院行かずに、年齢なんだから…なんて弱るのをただ見てたらダメだったわ、きっと」

「あぶなーーアセアセ 連れてってよかったー笑い泣き

と猛烈に反省した次第です。




a0237268_21103731.jpeg


@診察台。

「まだまだ毛艶がいいし、歯も揃ってるし、何より気が強い。

この子はまだまだ大丈夫ですよ」 と先生。





a0237268_21111029.jpeg


私をじっと見つめてる・・・


それだけなんだけど

なんて幸せなことだろうと思います おねがい


19歳、おめでとう バースデーケーキ




[PR]

by kktreasure | 2018-09-10 10:28 | のんた、ナツ | Trackback | Comments(0)

心配しないで おいで下さい   

2018年 09月 07日

昨日はなぜか夜3時に目が覚めて、何気なくスマホを手にした瞬間、札幌出張中の主人からメールがありました、ひとことだけの。


「ものすごく揺れたけど、無事です」


!? !? !?


え?地震?…と思いながらネットニュースを見て、驚いて、深夜にメールを寄越した意味を理解して、そして返信しました。

その後 昨日は何往復かのメールで、情報をあげたり、状況を聞いたり・・・。

今日の帰宅は無理で明日戻る予定、とのことでした。
それから、電気に頼って生きていることをつくづく思い知らされた、と書いてありました。



北海道の皆様、どんな様子でしょうか…
関西の方々も台風の被害に遭われ大変なことです。
心よりお見舞い申し上げます。
被災された方が1日も早く日常生活に戻られることをお祈りしております。



a0237268_10093193.jpeg



さて…

初めてお会いする(あるいはスカイプやメールでご相談くださる)お客様が、

「自分の話は さっぱり要領を得ないですみません」
「どこから話せばいいのかわからなくて、ゴチャゴチャしてしまってすみません」
「メモは作ってきたのに、話がすっかり そこから逸れてしまいました」

というふうにおっしゃって謝られることが、よくあります。


でも私は、

どこからお話しくださっても、こんがらがっても、脱線しても、よくわからなくなってしまっても、
ほんとにどんなふうであっても全く構わないのです。



質問させていただきながらお話を聴き取っている私は、頭の中でいろんな作業をしているんですね、ただ デデン!と座っているようでも。

そうしながら、さて今どういうことが出来るかな、この方には何が最善だろうか、と思案しています。

お客様が改めて眺めてみることが出来るように、お話に、ある加工を施して テーブルの上に載せたりすることもあります。

それを見たお客様の反応を見て、また考えます・・・


・・・そんなふうにセッションしながら、
お客様が 何か いいこと閃いたり、感情的に刺激を受けることによって内なる何かと対面したり、これで行ってみようかな、とか、これでいいんだな、とか、明るい新しい気持ちになっていってくださるのを目指しています。



初めから整理されている上手なお話をされる方もいらっしゃいますが(あちこちで言い慣れてるのかな?)、そういう方って実は『タイミング』に来ていないもので、大きな変化の波を呼べずに、カウンセリングは終了となることが多いです。

まだ心の準備ができていない方ほど、よく出来た まとまっているストーリー を語られるわけですね。


だから、カウンセリングを思い立ったのに うまく話せるかな…と心配になって躊躇ってしまう、という方には、

「思いつくままに話せばそれでOK、
まとまらない話と言葉にならない部分、そのどちらもを郷家さんは受け止めて返してくるはず・・・」

そう思っていただきたいです。



楽な気持ちでいらっしゃっていただきたいと思います。

きっと、案ずるより一度来るが易し、です花



a0237268_10123425.jpg


[PR]

by kktreasure | 2018-09-07 10:51 | カウンセリング | Trackback | Comments(0)

「正しさ」で戦うゲームをしても仕方がない   

2018年 09月 04日

人は皆それぞれに違う感じ方、考え方をするんだ、ということ。

相手を外圧的に変えようと思っても難しい、ということ。


皆さん、「わかってるんですけどね…」とおっしゃいます。

でも、親子とか恋人とか夫婦とか仕事仲間とか…

近い存在、大事な存在であればあるほど、そのことを忘れて関わってしまいがちです。




その人との関係がうまくいかなくなってきた…というお話を伺っていて、とても多いのが

「私は正しいことを言っている」

「間違っているのは相手の方」

という言い分です。


これは…

この一点張りでは…

うまくいかないでしょうね、たぶんあせる


自分にとっての「正しさ」で、

その正しさを主張すること、押し付けることで、

相手を変えようとしてしまう…


つい、ね。




「だって、どう考えたって、客観的に、私は正しい プンプン」 ??


そのようにしか思えないのかもしれないけど…

でも、正しさで戦うゲームをしても仕方がないですよね。


そのゲームに勝利することが目的だ、というのなら別ですが(笑)

そうでなく、関係を改善したい、ということでしたら、

お勧めのひとつは、相手の自己重要感を高める働きかけを、大サービスのつもりで増やしていくことです。


たとえば、優しい表情。笑顔。

たとえば、ありがとう、お疲れ様、助かるわ…という言葉。

たとえば、共感すること。がんばったね、それは辛かったね、残念だったね、なるほど わかるなぁ…


相手を「正しさ」でなんとかしようとするより、よっぽど良好な関係が育ち始めます。

しばらく心掛けて過ごしてみてください。


相手の自己重要感を増す働きかけ。

ちゃんと意識して過ごしたら、効果はテキメン、と思います ニコニコ




a0237268_22563859.jpeg

[PR]

by kktreasure | 2018-09-04 10:55 | 心の話 | Trackback | Comments(0)

自分との関係   

2018年 09月 01日

「私は話ベタで、人間関係を築くのが苦手です」

「お話上手で皆に慕われている人が羨ましい」

「気の利いた話の一つも出来ない自分はダメだなぁと嫌になる」


…と、そんなお話がありました。




たしかに、いろいろなタイプの人と気さくに楽し気に話をすることが出来て、たくさんの人から話しかけられて、いつも賑やかな輪の中心にいる人…というのは輝いていて眩しいですね。羨ましくなることもあるでしょう。


「いいなぁ…、それにひきかえ自分は…」と、寂しくなったり惨めな感じがしたりもするかもしれません。




でもそんなときはどうか、「他人」じゃなくて「自分」との関係はどうなっているだろうか…

と、ちょっと見てみてほしいと思います。


自分の体、自分の考え、自分の気持ち、自分の性格…


自分は自分の声に耳を傾けているだろうか、

自分とちゃんと話をしているだろうか、

自分の面倒をしっかり見てあげているだろうか…




そこをいつも意識していられるようになり、そこに関して自信を持って Yes と言えるようになったら、誰かと誰かの賑やかな会話や華やかな交流を羨ましいなんて思わなくなりますし、自分は駄目だなぁなんてことも思わなくなります。


ほんとかしら、そんなこと関係ある? と思われてしまうかもしれませんが、ほんとうです。




"人間関係" の一人目は「自分」です。


また、他人は、あなたがあなた自身を扱っているように、あなたと関わるはずです。




あなたの、ご自分自身への興味は十分ですか?

語りかけは十分ですか? 優しさは十分ですか?


ぜひ、問いかけてみてください花




a0237268_00422585.jpeg

[PR]

by kktreasure | 2018-09-01 11:41 | 心の話 | Trackback | Comments(0)